外壁塗装の見積もりで騙されないために!

外壁塗装は減税対象になるの?

外壁塗装は減税対象になるのでしょうか。

 

外壁塗装の減税について調べてみました。

 

外壁塗装は条件付きですが減税対象になります。

 

その条件をしっかりと勉強して、少しでも費用を抑えるようにしましょう。

 

詳しい条件は、「リフォーム費用が100万円以上であり住宅ローン設定が10年以上・減税を受ける年の合計所得が3000万円以下・増改築証明書の発行」こういった条件を揃えないといけません。

 

リフォーム費用が100万円を超えると減税を適用できるわけですが、10年以上の住宅ローンには金利による増額があります。

 

金利をどんなに低く設定しても10年間の分割になるとその額は大きくなり、減税分以上の金利を支払わないといけなくなることもあります。

 

100万円を大幅に超えるなら10年以上のローン減税、100万円位なら減税なしでも金利のかからない一括支払いと分けてみるとお得な外壁塗装ができます。

 

合計所得3000万円以下は一般家庭なら問題なくクリアできる条件です。

 

ただしっかりと調べておかないと減税対象から外れていたなんてことになって後悔しないようにしましょう。

 

増改築証明書は忘れやすいので注意してください。

 

外壁塗装は「増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕又は大規模の模様替えの工事」という要件に当てはまるかどうかの判断が難しい問題です。

 

業者に増改築証明書を発行してもらわないと、税務署が適用要件に不十分と判断し減税を受けることができなくなります。

 

外壁塗装で減税を受けるときは、「減税分と金利分を計算して本当に安くなるのか・合計所得が3000万円を超えていないか・外壁塗装が減税のための条件を満たしているのか」ということに注意してみましょう。

 

条件が複雑な問題もあり、分かりにくいときは業者の人としっかりと相談してみることをお勧めします。

外壁塗装のゴンドラ工法とは??

外壁塗装を行っている業者の中にはゴンドラ工法をメインに使用するところもあります

このゴンドラ工法というのは建物上部から戻るを繰り下げ外壁塗装を行っていくといった方法になります。

 

一般家庭となる住宅をはじめとして、その他にも高層ビルなどの場合には足場を立てるのが非常に困難となり、また細かな部分や等の額のみの外壁塗装したいなどといった場合にもわざわざ足場を作らずにスピーディーな塗装ができるため重宝します。

 

このような外壁塗装のゴンドラ工法は近年主流となりつつあり、足場を立てなくても良いという部分での費用の削減は非常に大きなものとなっています。

 

足場を立てる場合には、作業が全て完了した後、足場そのものを取り払うためにも時間が必要になってしまい、お天気によってもこのようなタイミングがズレてしまうこともありますが、ゴンドラであれば作業前後の準備なども非常に少なく、限定された時間の中でも、効率的に快適な塗装ができるというメリットがあります。

 

塗装するスタッフだけではなく、これらを操作する人員も必要になってきますが、吊下げ式のゴンドラだけでなく、反対に吊り上げタイプのゴンドラなどを使用する場合には塗装を行う立場のスタッフが左右の移動などもコントロールできるため、人件費の削減にもつながります。